広告あり

事務の仕事をするのに簿記検定は必要?経験者が解説!

スキル

簿記検定はMOS検定と並んで事務の仕事に役立ちそうな資格です。

管理人も日商簿記検定の3級を取得しています(2級は挫折しました)

この記事では、実際に事務職を経験かつ簿記検定3級を取得している管理人の立場から、事務の仕事に簿記検定3級が必要か、役に経つのかを解説していきます。

結論:事務に簿記検定は必須ではない

私は金融機関で経費処理の事務をしていたことがありますが、簿記検定が必須・役に立つというようなことは言われませんでした。

実際に仕事をしたときも簿記よりExcelやAccess(データベース)の知識の方が役にたちました。

一般事務など経理事務以外の事務の求人でも、「簿記検定3級を持っている人」という募集要項はあまり見かけません。

よって、事務職には簿記検定は必須ではないと言えます。

事務を目指している人が簿記 3 級を取得するメリット

事務職として働く上で、簿記3級を取得することには、以下のようなメリットがあります。

1. 経理事務の仕事に役立つ

経理事務や関連する業務を行う際には、実務経験や簿記検定の取得が必須条件となることがあります。

特に、簿記検定2級の取得が望まれる場合もあるようです。

2. 転職に有利(少なくともあることで不利にはならない)

全く同じ能力を持つ人が応募してきた場合、簿記検定を持っていることが採用に繋がる可能性があります。

ただし、簿記検定があるからといって、著しく有利になるわけではありません。

3. 数字に強くなる

簿記3級の勉強を通じて、数字に強くなることが可能です。

これは、事務職で働く上で非常に重要なスキルと言えるでしょう。

4. 会社のお金関係の書類が分かるようになる

簿記3級の勉強では、決算書の読み方や経理処理の勘定科目などを学びます。

経理に直接関わることがなくても、書類の入力などでお金関係の書類を扱う機会はあります。

簿記検定3級には種類がある

簿記には日商簿記、全商簿記、全経簿記の3種類が存在します。

日商簿記は、主に社会人を対象にした資格で、日本商工会議所が主催しています。

一方、全商簿記は商業高校の高校生に向けた資格であり、さらに全経簿記は経理関連の専門学校の学生を対象としています。

事務職を目指す社会人にとっては、日商簿記が取得すべき資格です。

事務 簿記 3 級の勉強方法

簿記3級の勉強方法は、大きく分けて以下の3つがあります。

1. 独学

簿記の勉強は、参考書や問題集を使って独学で行うことが可能です。この独学方法の大きなメリットは、費用を抑えることができる点にあります。

ただし、自分一人でおこなうので挫折しやすい点や、分からない所を聞けないというのがデメリットです。

2. 簿記スクールに通う

簿記スクールに通うことには、専門の講師から直接指導を受けることができるというメリットがあります。また、簿記スクールでは、効率的に勉強を進めることが可能です。

デメリットとしては、費用が高額になりがちという点です。

3. オンライン講座を利用する

オンライン講座を利用することで、インターネットを通じて勉強することが可能です。この方法の大きなメリットは、自分のペースで勉強を進めることができる点にあります。

まとめ

事務職をする場合、簿記検定は必須の資格ではありません。

しかし、転職をするうえで有利になる可能性はあります。

タイトルとURLをコピーしました