広告あり

事務職はカレンダー通りに休める?休日のリアルな状況とは

疑問

「事務職をやってみたいけど、休日ってどうなってるの?」と疑問に思われていませんか。

転職する上で、休みの日というのは重要な要素です。

この記事では事務職の休みについて解説します。

事務職はカレンダー通りに休みのところが多い

事務職は基本的に土日、祝日、お正月、お盆が休みであることが一般的です。dodaの調査によれば、一般事務職の年間休日は111. 3日であったとのことです。

週に2日の休みと国民の祝日が休みの場合、年間休日は120日になります。これにより、事務職の年間休日はこの基準よりも7日ほど少ないことが分かります。しかし、会社の事業形態によっては、土日やお正月にも仕事が発生する場合があります。

たとえば、管理人の身内には中小企業で事務をしている人がおり、その会社では職務上、常に会社に「当番」として誰かが居る必要があるため、土日やお正月に出勤することもあるそうです。

このように、事務職の休日は基本的なルールがあるものの、実際は会社によって様々な形態があり、必ずしも一律ではないことが見て取れます。

有給休暇はとれる?

有給休暇の日数は会社によって異なりますが、フルタイムの仕事をしていて、6か月以上勤務し、かつ労働日数の8割以上に出勤している場合、10日の有給休暇を得ることができると国によって定められています。

私の経験では、職場では有給休暇を申し出れば利用することができました。

急病で休む際にも有給休暇を使うことができましたが、休暇を取得することを積極的に指導されることはありませんでした。

2019年4月からは、働き方改革の一環として、年に10日以上の有給休暇を持つ労働者に対し、最低5日間は有給休暇を使用するように国が義務付けています。

これは労働者の健康管理とワークライフバランスの向上を目的としています。

このように、有給休暇の取得には法律による基本的なルールがありつつも、実際の取得状況は職場の文化や個人の判断によって左右されることがあります。

急に休みたい場合ってどう?

職場によって有給休暇の取りやすさは大きく異なりますが、比較的取りやすいと感じることがあります。

その主な理由は、「必ずその時間に人がいなければならない」というタイプの仕事ではない場合が多いからです。

私が以前勤めていた職場では、事務職が急に休む必要がある場合でも、管理職が電話対応や来客対応をしてくれるなど、柔軟にフォローしてくれました。

ただし、子どもがいて熱を出した時や、持病があるなど、特定の事情がある場合は、勤める前にそのことを相談しておくことをおすすめします。

事前の相談によって、職場側がそのような事情に配慮した対応を準備しやすくなりますし、従業員自身も安心して働ける環境が整います。

このように、有給休暇を取りやすい環境は職場の柔軟性や予めの相談によって左右されることが多いです。

まとめ

事務職の休暇について、様々な角度から詳しく解説してきました。

事務職は、仕事内容や職場環境によって休暇の状況が大きく異なる職種です。

希望に合った職場を見つけて、充実した事務職生活を送ってください。

タイトルとURLをコピーしました