広告あり

【知っておきたい】事務職のリアルなメリットとデメリット

疑問

「事務職をやってみたいが、どんなメリット・デメリットがあるの?」とお悩みではありませんか。

この記事では、事務職経験がある私が自分の経験も踏まえて事務職のメリット・デメリットをご紹介します。

事務職のメリット

未経験でも始めやすい

事務職は、特別な資格や経験がなくても応募できる職種が多いです。そのため、学生や転職者など、幅広い層が働きやすいと言われています。

  • 新卒学生が初めての就職先として事務職を選ぶケース
  • 主婦や子育てが一段落した人が、ブランクを経て事務職に復帰するケース
  • 転職活動で希望の職種が見つからず、事務職にチャレンジするケース

パソコンスキルが向上する

事務職では、多くの場合、パソコンを使って様々な業務を行います。そのため、日々の業務を通して、タイピングやWord、Excelなどのスキルを向上させることができます。

  • 入社当初は簡単なデータ入力しかできなかった人が、Excelを使ってグラフや表を作成できるようになる
  • Wordを使って文書作成のスキルを磨き、ビジネス文書を効率的に作成できるようになる
  • パソコンのショートカットキーを覚え、業務時間を短縮できるようになる

ビジネスマナーが身につく

電話対応や来客対応など、事務職では様々な場面でビジネスマナーが求められます。そのため、社会人として必要なスキルを自然と身につけることができます。

  • 電話対応で、相手に失礼のない話し方を身につける
  • 来客対応で、明るく丁寧な接客スキルを磨く
  • 名刺交換や敬語の使い方など、基本的なビジネスマナーを習得する

定時で退社できることが多い

事務職は、営業職などに比べて残業が少ない傾向があります。そのため、ワークライフバランスを重視する人にとって、働きやすい職種と言えます。

  • 基本的には定時で退社し、プライベートの時間を充実させることができる
  • 繁忙期でも、残業は月〇時間程度と比較的少ない
  • フレックスタイム制を導入している会社もあり、自分のペースで働きやすい

在宅勤務が可能な職場もある

近年は、在宅勤務制度を導入する企業が増えています。事務職は、在宅勤務に向いている職種の一つです。

  • 自宅で仕事をしながら、育児や家事をこなすことができる
  • 通勤時間を削減し、時間の有効活用ができる
  • 集中しやすい環境で、効率的に仕事を進めることができる

幅広い経験ができ、専門職へのステップとなる

事務職では、様々な業務を担当する機会があります。そのため、幅広い経験を積むことができ、将来的に専門職へのステップにもなります。

  • 経理事務を担当し、簿記の知識を身につけ、会計士を目指す
  • 人事事務を担当し、人事労務の専門知識を習得し、人事職を目指す
  • 秘書事務を担当し、秘書検定を取得し、役員秘書を目指す

長く続けやすい

事務職は、体力的な負担が少なく、長く続けやすいと言われています。そのため、出産や育児など、ライフイベントに合わせて働きやすい職種です。

  • 長年、同じ会社で事務職として働き続け、キャリアを積み重ねる
  • 結婚や出産を機に、パート事務として働き続ける
  • 定年退職後も、シニアスタッフとして活躍する

安定した収入を得られる

事務職は、比較的安定した収入を得られる職種と言えます。特に、大企業や公務員の場合は、福利厚生も充実しています。

  • 定期的な給与査定があり、昇給が見込める
  • ボーナスや退職金などの制度がある
  • 社会保険完備で、医療費や年金などの保障がある

デメリット

仕事内容が単調でつまらないと感じる場合がある

事務職は、ルーティンワークが多い職種です。そのため、仕事内容が単調でつまらないと感じる場合があるかもしれません。

  • 毎日同じような作業を繰り返す
  • 自分のアイデアや創造性を活かせる機会が少ない
  • 目に見える成果が得られにくい

責任感やストレスを感じる場合がある

事務職は、会社の重要な情報を扱う場合もあります。そのため、責任感やストレスを感じる場合があるかもしれません。

  • 間違いやミスが許されない
  • 顧客対応でクレームを受けることがある
  • 締め切りに追われる

昇進や昇給の機会が少ない

事務職は、営業職などに比べて昇進や昇給の機会が少ないと言われています。

  • 能力や実績があっても、役職に就けないことがある
  • 昇給幅が小さい

将来のキャリアプランが描きにくい

事務職は、専門性の高い職種ではないため、将来のキャリアプランが描きにくいと感じる場合があるかもしれません。

  • いつまで事務職を続けるのか、目標が定まらない
  • 将来的にどのようなキャリアを築きたいのか、具体的なイメージが湧かない

体力的な負担が大きい場合がある

事務職は、長時間座りっぱなしで仕事をするため、体力的な負担が大きい場合があるかもしれません。

  • 腰痛や肩こりなどの健康問題を抱える
  • 運動不足になりやすい

スキルアップが難しい

事務職は、専門性の高い職種ではないため、スキルアップが難しいと感じる場合があるかもしれません。

  • 資格取得などの自己啓発が必要
  • 特定のスキルを磨いても、転職に有利とは限らない

会社によって仕事内容が大きく異なる

事務職は、会社によって仕事内容が大きく異なる場合があります。そのため、入社前にしっかりと確認することが重要です。

  • 大企業では分業体制が進んでおり、担当業務が限定される
  • 中小企業では幅広い業務を担当する必要がある

まとめ

事務職は、未経験でも始めやすく、安定した収入を得られるというメリットがあります。

一方で、仕事内容が単調でつまらないと感じる場合があるなど、デメリットもあります。

事務職に就きたいかどうか検討する際は、メリットだけでなくデメリットも理解した上で、自分に合っているかどうか判断することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました