広告あり

事務職にMOS検定は必須?勉強方法についても解説

スキル

「事務職に転職をしたいけど、MOSの資格は必要」とお悩みではないですか。

この記事では、実際に事務職の経験がある管理人が事務職にはMOSが必要なのかを解説します。

事務職でMOSの資格は必須?

結論からいいますと、MOS検定を持っていることは必須ではありませんが、持っていればアピールポイントになり得ます。

事務職の経験がある私自身も、MOS検定は持っていません。

ただし、事務職ではパソコンスキルが必要不可欠です。そのため、検定を持っていなくても、パソコンを使いこなせる能力は求められます。

MOS資格とは?

MOS(Microsoft Office Specialist)は、マイクロソフト社のオフィス製品(Word・Excel・PowerPointなど)のスキルを証明する国際資格です。

事務職では、これらのオフィス製品を日常的に使用する機会が多いため、MOS資格を持っていることは就職活動やキャリアアップに有利に働きます。

ただし、一つ前の見出しでお話しした通り事務職に必須の資格ではありません。

事務職で求められるMOS資格

事務職で求められるMOS資格は、職種や企業によって異なりますが、一般的には以下の資格がおすすめです。

  • Word: ワード文書の作成・編集・書式設定
  • Excel: 表計算・グラフ作成・データ分析
  • PowerPoint: プレゼンテーション資料の作成

これらの資格に加えて、Access(データベース)やOutlook(メール・スケジュール管理)などの資格を取得しておくと、さらにスキルアップにつながります。

MOS資格の取得方法

MOS資格は、マイクロソフト社が認定する試験機関で受験できます。試験は、各科目ごとに選択式と実技試験で構成されています。

MOS資格の勉強方法

MOS資格の勉強方法は、独学、通信講座、スクールなどがあります。

  • 独学: 書籍やWebサイトなどを活用して勉強する
  • 通信講座: インターネットを通じて教材やサポートを受けながら勉強する
  • スクール: 講師による講義や実習を通して勉強する

自分に合った勉強方法を選び、しっかりと対策することが合格への近道です。

MOS資格のメリット

MOS資格を取得することで、以下のようなメリットがあります。

  • 就職活動で有利になる: 多くの企業がMOS資格を評価している
  • キャリアアップに役立つ: スキルアップを証明できる
  • 仕事効率が向上する: オフィス製品を使いこなせるようになる
  • 自信がつく: 資格を取得することでスキルへの自信が持てる

スキルに自信がないなら派遣をやってみるのがおすすめ

派遣会社に登録すると、多くの場合、eラーニングのサービスを利用できます。

これにより、ExcelやWordなどのマイクロソフト社のオフィス製品の使い方を学ぶことができるでしょう。

オフィスワークではこれらのスキルが必須とされていますから、eラーニングを活用することで業務の効率化につながりますね。

当メディアでおすすめしているリクルートスタッフィングでもテンプスタッフにもeラーニングがあります。

アデコでは、提携校Winスクールでパソコン関連のスキルを割引価格で学ぶことが可能です。

まとめ

MOS資格は、事務職で役立つスキルを証明する資格です。ただし、必須ではありません。

特に派遣から事務職をしたいと思っている人は、eラーニングで学ぶのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました