広告あり

事務職は人気過ぎる?なぜ応募したい人が多いのかを解説

疑問

「事務職は本当に人気過ぎるのか」という疑問をお持ちではありませんか?

この記事では、厚生労働省のデータを基に、事務職の有効求人倍率を他職種と比較し、その人気の理由を探ります。

事務職がなぜ多くの人々に選ばれるのか、ワークライフバランスの良さや体力的な負担の少なさ、未経験者でも応募しやすい点、精神的ストレスが少ないことなど、さまざまな視点から分析します。

この記事を読むことで、事務職の魅力と、なぜそれが人気なのかを理解する手助けとなるでしょう。

事務職は本当に人気過ぎるのか

事務職は本当に人気過ぎるのか、まずはデータで確認してみます。

厚生労働省の令和5年のデータによると、事務職の有効求人倍率は以下の通りです。

職種有効求人倍率
事務職全般0.46
一般事務0.37
会計事務0.71
全ての職業1.23
販売業全般2.17
サービス業全般3.24

厚生労働省「一般職業紹介状況(令和5年12月分及び令和5年分)について」 より

有効求人倍率とは、全国の公共職業安定所(ハローワーク)での求職・就職の状況を集計し、その結果を厚生労働省が毎月公表する求人数の倍率です。

この指標は、求職者一人当たりに対する求人の数を示し、雇用市場の状況を反映します。

例えば、有効求人倍率が1を超える場合、求人数が求職者数を上回っており、「売り手市場」と考えられます。

逆に、この数値が1未満であれば、求人が少ない「買い手市場」となります。

この指標は、企業が採用活動を行う際の人材市場の状況や、求職者が就職機会を探す際の市場状況を理解するのに役立ちます。

会計事務はやや高い数値ですが、それでも1倍を下回ります。

2倍や3倍の求人倍率である販売業やサービス業と比べると、事務職が人気過ぎるということが分かります。

事務職が人気過ぎる理由

事務職が人気過ぎる理由は何でしょうか?

事務職に就きたいという理由は、人によって違いますが、主な理由は以下のようになります。

ワークライフバランス

事務職は、その働き方がプライベートの時間を大切にできる点で、特に若い世代に人気があります。

多くの事務職では残業が少なく、土日休みの会社が多いため、仕事とプライベートのバランスをとりやすいとされています。

近年、個人の時間を重視する傾向が強まっている中、このような働き方は多くの人々にとって魅力的な選択肢となっています。

この点が、事務職の人気を支えている重要な要素の一つです。

体力的な負担が少ない

事務職は主にデスクワークを行う職種であるため、体力的な負担が比較的少ないという特徴があります。このため、年齢を重ねても続けやすいです。

肉体労働に比べて体への負担が軽いため、幅広い年齢層の人々に適しており、安定して長く働くことが可能です。

これは、事務職が多くの人に選ばれる理由の一つと言えるでしょう。

未経験者でも応募しやすい

多くの事務職の求人は、未経験者や無資格者でも応募しやすい条件が設定されていることが多いです。

これにより、キャリアチェンジを考えている人々にとって、目指しやすい職種となっています。

特別な資格や経験が必要ないことから、異なる業界や職種からの転職を検討している人々にも魅力的な選択肢となります。

このような柔軟な応募条件は、事務職が多くの人にとって魅力的なキャリアパスである理由の一つです。

精神的ストレスが少ない傾向にある

事務職は、営業や販売などの他の職種に比べて、ノルマに追われることが少ないとされています。

このため、精神的ストレスが比較的少ない職種であると考えられています。

営業や販売職では、売上目標達成のための厳しいノルマが課されることがあります。

しかし、事務職ではノルマが課されることはないことが多いため、心理的な負担が軽減されるという利点があります。

この点が、ストレスを避けたいと考える人々にとって、事務職を魅力的な選択肢にしています。

人間関係のストレスが少ない

製造業や小売業、飲食業などでは、お客様や取引先との人間関係がストレスの種になることが多いと言われています。一方、事務職は主に同僚や上司とのコミュニケーションが中心です。

また、お客様対応がある場合でも、電話やメールでのサポートが中心で、対面でのストレスは比較的少ないと考えられています。人と直接対峙する機会が少ないため、人間関係によるストレスが低いことも、事務職の人気の理由の一つです。

地理的制約が少ない

製造業や建設業などでは、職場が工場や現場に限定されがちですが、事務職であれば、地方から都市部までオフィスが点在しています。自分の希望する勤務地を選びやすいことも、事務職の大きな魅力です。

また、在宅勤務が可能な企業も増えているため、地理的な制約がさらに緩和されつつあります。UIターン希望の方や、地元で働きたい方にとっても、事務職は選択肢となりやすい職種なのです。

このように、労働環境の良さや人間関係のストレスが少ないこと、スキルアップの機会が豊富なことなどから、事務職が若者を中心に人気となっています。長期的なキャリア形成の観点からも、将来性があると判断されているようです。

企業側も事務職の重要性を認識しており、積極的に採用活動を行っています。特に事務職の人材不足は深刻な問題となっていることから、今後もますます事務職の需要は高まっていくと予想されます。

事務職は人気過ぎるが目指すことは可能

事務職が人気過ぎる理由は、ワークライフバランスの良さ、体力的な負担の少なさ、未経験者でも応募しやすい条件、精神的ストレスが少ない点にあります。

これらの特徴が、多くの人々に事務職を魅力的な職種として映し出しています。

有効求人倍率のデータからも、他職種と比較して事務職の人気が際立っていることが見て取れます。

これらの点を踏まえると、事務職の人気は根強いと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました